コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一天玄清 いってん げんしょう

1件 の用語解説(一天玄清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一天玄清 いってん-げんしょう

1354-1400 南北朝-室町時代の僧。
文和(ぶんな)3=正平(しょうへい)9年生まれ。曹洞(そうとう)宗。一峰通玄,大徹宗令(そうれい)にまなび,能登(のと)(石川県)定光寺実峰良秀(じっぽう-りょうしゅう)の法をつぐ。同国雲門寺の住持をつとめた。応永7年5月11日死去。47歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一天玄清の関連キーワードじん肺診断ウェンツェルドイツ美術へき地学校北畠親房呉鎮北畠親房近衛基嗣斯波高経山田宗久

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone