定光寺(読み)じょうこうじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定光寺
じょうこうじ

愛知県瀬戸市定光寺町にある臨済(りんざい)宗妙心寺派の寺。開山は覚源(かくげん)禅師で、1340年(暦応3)に一堂を建てて無為殿(むいでん)と称し、ついで庫裡(くり)、方丈(ほうじょう)をつくって、応夢山(おうむさん)と号した。本尊は延命地蔵菩薩(ぼさつ)。初めは建長寺派に属していたが、1649年(慶安2)喝堂全用(かつどうぜんよう)が住持となって中興してから妙心寺派となった。尾張(おわり)藩祖徳川義直(よしなお)の帰依(きえ)を受け寺領を寄進される。山上には遺言によって営まれた義直の廟所(びょうしょ)があり、本堂とともに国の重要文化財に指定されている。寺宝の太刀(たち)2口も国の重要文化財。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうこう‐じ ヂャウクヮウ‥【定光寺】

愛知県瀬戸市にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は応夢山。暦応三年(一三四〇)覚源の開創。本堂は明応九年(一五〇〇)建築のもの。尾張藩祖徳川義直廟(国重文)がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の定光寺の言及

【瀬戸[市]】より

…毎年9月には〈せともの祭〉が行われ,市内中央部を流れる瀬戸川両岸に延々と出店が並ぶ。東海自然歩道が走る市内東・北部は愛知高原国定公園に指定されており,尾張藩祖徳川義直の廟所がある定光寺にも訪れる人が多い。名鉄瀬戸線が名古屋市の中心に通じ,住宅地化も進んでいる。…

※「定光寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定光寺の関連情報