一寸の虫にも五分の魂(読み)いっすんのむしにもごぶのたましい

ことわざを知る辞典「一寸の虫にも五分の魂」の解説

一寸の虫にも五分の魂

どんなに小さな虫にも、生きているものにはそれ相応の命があるのだから、粗末に扱ってはならない。どんな者でも意地や誇りを持っているから、むやみにばかにしてはならないというたとえ。

[使用例] 通用しないとは僕の口から断定したくない。僕だって一寸の虫に五分はある[武者小路実篤*真理先生|1949~50]

[解説] 「一寸」と「五分」で語調を整えたものですが、文字どおりには魂が身体の半分となり、魂の大きさを強調する表現となっています。

〔英語〕Even a worm will turn.(虫けらでさえ向かってくる)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「一寸の虫にも五分の魂」の解説

いっすん【一寸】 の 虫(むし)にも五分(ごぶ)の魂(たましい)

どんなに小さく弱い者でも、それ相当の思慮や意地を持っているものだ。小さくても、ばかにできないたとえ。
※極楽寺殿御消息(13C中)第四五条「たとへにも一寸のむしには、五分のたましゐとて、あやしの虫けらもいのちをはをしむ事我にたかふへからす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

とっさの日本語便利帳「一寸の虫にも五分の魂」の解説

一寸の虫にも五分の魂

どんなに小さく弱いものにも、それなりの魂や主張がある。小さくてもあなどってはならないことのたとえ。「なめくじにも」ともいう。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

デジタル大辞泉「一寸の虫にも五分の魂」の解説

一寸いっすんむしにも五分ごぶたましい

どんな弱小なものにも、それ相応の意地や考えがあって、ばかにしてはいけないということのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android