コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一州正伊 いっしゅう しょうい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一州正伊 いっしゅう-しょうい

1416-1487 室町時代の僧。
応永23年生まれ。曹洞(そうとう)宗。周防(すおう)(山口県)の人。牧翁性欽(ぼくおう-しょうきん)らにまなび,のち月江正文(げっこう-しょうぶん)の法をつぐ。上野(こうずけ)(群馬県)の武将長尾景仲(かげなか)の帰依(きえ)をうけて双林寺をひらき,正文を開山(かいさん)とした。文明4年相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺住持。長享元年11月4日死去。72歳。俗姓は稲田。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一州正伊の関連キーワード長享上杉禅秀の乱攀安知上杉禅秀の乱大航海時代看聞日記宥快ランブールアールヤバタ看聞日記