一折(読み)ひとおり

精選版 日本国語大辞典「一折」の解説

ひと‐おり ‥をり【一折】

〘名〙
連歌俳諧を書き留める懐紙一枚。特に、初折一枚。百韻・五十韻ならば、初折の表八句および同じ裏一四句、歌仙ならば、初折の表六句および同じ裏一二句。
※弁内侍(1278頃)建長四年七月二六日「れむ歌ひとおりかかせむとて、発句はせさせおはします」
② 進上物一つ、折箱一つをいう。
狂歌・後撰夷集(1672)八「奈良柹にさしそへ送る一折は是ぞ三笠の山の松茸

ひと‐おれ ‥をれ【一折】

〘名〙 や曲の一区切り。ひとさし。ひとふし。
源氏(1001‐14頃)花宴「ひとをれ〈〉舞ひ給へるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android