コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一掬 イッキク

デジタル大辞泉の解説

いっ‐きく【一×掬】

水などを両手ですくうこと。ひとすくい。また、わずかな量をいう。
「瞼(まぶた)の辺(あたり)に―の微笑を帯びぬ」〈樗牛滝口入道

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっきく【一掬】

両手でひとすくいすること。ひとすくい。
わずか。ほんの少し。 「 -の同情にも値しない」 〔もと「両手にいっぱい」のこと〕
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一掬の関連キーワード立川一阿福源潸然

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一掬の関連情報