一文半銭(読み)イチモンキナカ

  • いちもんはんせん
  • 一文半=銭

大辞林 第三版の解説

きなか寸半の意。一文銭の直径一寸ひとき=いっすんの半分の意から
ごくわずかな金銭。いちもんはんせん。
いちもんきなか一文半銭

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「きなか」は寸(き)(なか)の意で、穴あき銭の直径一寸(いっき)の半分の意という) 一文と半銭。また、ごくわずかの金額。いちもんはんせん。〔随筆・海録(1820‐37)〕
※歌舞伎・五大力恋緘(1793)二幕「一文半銭(イチモンハンセン)取らいでも大事ない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

一文と半銭。また、ごくわずかの金額。

[使用例] これまでだって妾が江南の家へ一文半銭注ぎ込んだ事があるかい内田魯庵*社会百面相|1902]

[解説] 「半銭」は「きなか」(なかの意で、穴あき銭の直径いっ半分)とも読みます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android