コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一本亭芙蓉花 いっぽんてい ふようか

美術人名辞典の解説

一本亭芙蓉花

江戸中期の狂歌師大坂生。通称平野屋清兵衛。初め花開楼栗里、後京師嵯峨大覚寺僧都の命により今の号に改める。木端門下の高弟にして一派を立て俳諧の道に遊ぶ。東都に来て自詠宝珠の額を浅草寺に掲ぐ。天明3年(1783)歿、63才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一本亭芙蓉花 いっぽんてい-ふようか

1721-1783 江戸時代中期の狂歌師。
享保(きょうほう)6年生まれ。大坂の人。栗柯亭木端(りっかてい-ぼくたん)の高弟で,永田貞柳松永貞徳狂歌集を刊行。俳諧(はいかい)は吉分大魯(よしわけ-たいろ)にまなぶ。天明のはじめ江戸にうつるが,門弟は大坂が中心。天明3年1月26日死去。63歳。姓は松濤。通称は平野屋清兵衛。初号は開花楼栗里。家集に「狂歌難波土産」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いっぽんていふようか【一本亭芙蓉花】

1721‐83(享保6‐天明3)
江戸中期の狂歌師。姓は松濤(まつなみ),本名は平野屋清兵衛,初号は花開楼栗里。大坂の人。永田貞柳追善集《狂歌続家津と》を上梓したり,貞柳顕彰碑を建立したりして勢力を拡大し門人は全国に及んだが,大坂では栗柯亭木端(りつかていぼくたん)の栗派や混沌軒国丸の丸派(がんぱ)に押され,のち江戸に下った。編著は《狂歌五題集》等。〈磨いたら磨いただけに光るなり性根玉でも何の玉でも〉(《狂歌五題集》)。【森川 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一本亭芙蓉花の関連キーワード渾沌軒国丸天明狂歌

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android