コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条内経 いちじょう うちつね

美術人名辞典の解説

一条内経

鎌倉後期の公卿・歌人。一条内実の長男。法号は芬陀利花院。従一位関白・藤氏長者に至る。『玉葉集』以下の勅撰集・『文保御百首』・『夫木抄』及び『続現葉集』にその歌を収める。正中2年(1325)歿、35才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条内経 いちじょう-うちつね

1291-1325 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
正応(しょうおう)4年7月17日生まれ。一条内実(うちざね)の長男。母は一条実経(さねつね)の娘。正安(しょうあん)2年従三位。権(ごんの)大納言などをへて,文保(ぶんぽ)2年内大臣にすすみ,ついで関白となる。従一位。「玉葉(ぎょくよう)和歌集」などの勅撰(ちょくせん)集に23首おさめられている。正中(しょうちゅう)2年10月1日死去。35歳。法号は芬陀利華(ふんだりけ)院。歌集に「内経公百首」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

一条内経

没年:正中2.10.1(1325.11.7)
生年:正応4(1291)
鎌倉後期の公卿。父は内大臣内実,母は一条実経の娘。正安1(1299)年元服して官に就き昇進するが,14歳で父を失う。格別な才能は知られないが,鎌倉幕府の五摂家均衡政策により文保2(1318)年に関白,氏長者となった。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

一条内経 (いちじょううちつね)

生年月日:1291年7月17日
鎌倉時代後期の公卿
1325年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

一条内経の関連キーワード生年月日弘安礼節一条経通没年

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android