コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条経通 いちじょう つねみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条経通 いちじょう-つねみち

1318*-1365 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
文保(ぶんぽ)元年12月15日生まれ。一条内経(うちつね)の長男。母は西園寺公顕(きんあき)の娘。正中(しょうちゅう)2年従三位。権(ごんの)大納言,内大臣をへて,左大臣にすすみ,建武(けんむ)5=延元3年関白となる。従一位。貞治(じょうじ)4=正平(しょうへい)20年3月10日死去。49歳。法号は後芬陀利華(ふんだりけ)院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一条経通の関連キーワード日系ブラジル人労働者ウィーン大学神室山真実物語ウィーン大学図絵宝鑑妙興寺赤橋登子賀々女愚中周及