コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条経通 いちじょう つねみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条経通 いちじょう-つねみち

1318*-1365 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
文保(ぶんぽ)元年12月15日生まれ。一条内経(うちつね)の長男。母は西園寺公顕(きんあき)の娘。正中(しょうちゅう)2年従三位。権(ごんの)大納言,内大臣をへて,左大臣にすすみ,建武(けんむ)5=延元3年関白となる。従一位。貞治(じょうじ)4=正平(しょうへい)20年3月10日死去。49歳。法号は後芬陀利華(ふんだりけ)院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

一条経通 (いちじょうつねみち)

生年月日:1317年12月15日
南北朝時代の公卿
1365年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

一条経通の関連キーワード南北朝時代一条内嗣一条経嗣生年月日東福寺文保

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android