一条能保の妻(読み)いちじょう・よしやすのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

一条能保の妻

没年:建久1.4.13(1190.5.18)
生年久安1(1145)
平安末期の女性。源義朝の娘で,頼朝同母の妹に当たり,その関係で夫一条能保は頼朝の推挙で昇進することになる。文治1(1185)年に夫と共に鎌倉に下り,父の霊を祀る勝長寿院の供養に出席し,翌年の帰洛に際して頼朝の申請により後鳥羽天皇の乳母に定められた。

(五味文彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android