一業所感(読み)イチゴウショカン

  • いちごうしょかん イチゴフ‥
  • いちごうしょかん〔イチゴフ〕

デジタル大辞泉の解説

仏語。人はいずれも、同一の善悪の(ごう)ならば同一のを得るということ。共業共果(きょうごうきょうか)。
「―の身なれば、先世の芳縁も浅からずや」〈平家・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

何人かの人が前世における同じ業ごうによって、それに相当する同じ報いを受けること。共業共果。 -の身なれば、先世の芳縁も浅からず/平家 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 仏語。それぞれの人が、同じ業によって、同じ果を感ずること。同じ業ならば、同じ果を得ること。
※平家(13C前)三「一業所感の身なれば、先世の芳縁も浅からずや思ひしられけん」
② 芸道などで、自分の進む道は宿命的なもので、他に生きる道はないと考えること。芸道に心ひかれること(日葡辞書(1603‐04))。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

仏教で、それぞれの人が、同じ業によって、同じ果を感ずること。同じ業ならば、同じ果を得ること。

[解説] 「業」は結果を招く一種の力をもったはたらき。「所感」は過去の行為が、その結果としてもたらすもの。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android