コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一次元的人間 いちじげんてきにんげんOne-Dimensional Man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一次元的人間
いちじげんてきにんげん
One-Dimensional Man

H.マルクーゼの著作。 1964年刊。独自の手法でマルクスの社会理論とフロイトの精神分析学を結合させ,階級対立という基本的な社会の対立関係を抑制する先進産業社会が,同時に性的な過剰抑圧によって人間の精神をも一次元化させることを鋭く批判し,60年代の世界的な新左翼運動の理論的バイブルとされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

一次元的人間の関連キーワードヘルベルト マルクーゼフランクフルト学派生松 敬三管理社会

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android