コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一毛 イチモウ

デジタル大辞泉の解説

いち‐もう【一毛】

ひと筋の毛。転じて、きわめて軽いもの。わずかのもの。「九牛の一毛
長さ・重さや割合などの単位。→毛(もう)
一毛作」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちもう【一毛】

[0] 一本の毛。転じて、非常に軽いもの。わずかなもの。 「九牛きゆうぎゆうの-」
[2] 尺貫法の長さ・重さ、貨幣の単位。一厘りんの10分の1。 → もう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一毛の関連キーワード三十二相八十種好上三川(町)三星グループ九牛の一毛寒冷地農業京都(府)ソバージュ石川(県)門真(市)三星財閥三十二相水田養魚エジプト高山盆地形成手術シスチン李秉喆細菌類片毛作イナゴ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一毛の関連情報