コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一毛作 イチモウサク

デジタル大辞泉の解説

いちもう‐さく【一毛作】

同一の耕地に、年に1回作物を作ること。ひとけさく。→二毛作多毛作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

一毛作【いちもうさく】

同一耕地に1年に1回だけ1作物を栽培する方式。これに対し1年に2回同じ作物を栽培するのを二期作,1回ずつ異なる作物を2度栽培することを二毛作という。日本では普通1年に1回だけイネを栽培する水田をさすことが多く,東北,北海道などに多く見られる。
→関連項目代掻き

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちもうさく【一毛作】

同じ水田あるいは畑に,1年に1回1作物だけを栽培する作付けの方式。1年に2回栽培する場合は二毛作である。夏季の1作だけに作付けが制限される理由は,冬季の寒さが厳しく作物が越冬できないこと,2作するには積算温度が不足すること,および地下水位が高く土壌が過湿なために水田でイネしか作れないこと(一毛作田)である。また外国の乾燥地帯や降雨期間が偏在している地帯では,土壌水分の不足による一毛作がある。耕地面積の少ない日本では,品種の早生化,間作,マルチ栽培などによって制限条件を克服して,一毛作より二毛作へ,さらに多毛作へと土地利用を集約化する方向で技術開発が行われてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いちもうさく【一毛作】

同じ田畑に、年に一回作物を作ること。 → 二毛作多毛作

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一毛作
いちもうさく

水田や畑に、1種類の作物を1年間に1回だけ栽培すること。1年に2作する二毛作、3作以上する多毛作に対する栽培用語。北海道や東北地方北部、および高冷地などでは、冷涼で夏が短く、また秋冬は寒冷にすぎたり、積雪などのために、一毛作の水田や畑が多い。また、気候的には二毛作が可能でも冬期は排水不良や労働力不足などのために一毛作とすることもある。とくに近年、水田では作付けが早期化したため、裏作(二毛作)が困難になり、また裏作物の収益が低いなどのために、気候的に二毛作、多毛作が可能な暖地でも、一毛作が多くなった。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

一毛作の関連キーワード上三川(町)京都(府)門真(市)寒冷地農業石川(県)高山盆地水田養魚エジプト木之本イナゴ片毛作氏家単作田畑湿田

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android