一病息災(読み)イチビョウソクサイ

  • いちびょうそくさい イチビャウ‥
  • いちびょうそくさい〔イチビヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 持病の一つぐらいある人の方が、健康な人よりかえってからだを大切にして長生きをするということ。「無病息災」からできた語。
※四十歳の男(1964)〈遠藤周作〉三「一病息災(イチビョウソクサイ)って言うけどお宅の御主人の場合は、かえって長生きするわよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

持病の一つぐらいある人の方が、健康な人よりかえってからだを大切にして長生きをするということ。

[使用例] うちの旦那さまなんか、今まで病気知らずだから、かえって危ないのね。〈〉一病息災って言うけどお宅の御主人の場合は、かえって長生きするわよ[遠藤周作*四十歳の男|1964]

[使用例] おかげさまで。一病息災とでもいうのでしょうか。体をいたわりながら、やっていますから[城山三郎*官僚たちの夏|1974]

[解説] 「無病息災」からできた語。「息災」は健康であること。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android