一眼レフ・カメラ(読み)いちがんれふかめら(英語表記)Single-lens reflex camera

知恵蔵の解説

一眼レフ・カメラ

カメラの種類の一つ。正式には「一眼レフレックス・カメラ」という。レンズを通った被写体像をカメラ内部に置いたミラーに反射させて(reflex)、ファインダーに結像させる構造を持つ。ファインダーと被写体を撮影するのを一つのレンズで行うから「一眼」という。英語のイニシャルからSLRカメラともいう。ファインダー用と撮影用の二つのレンズを持つ「二眼レフ・カメラ」というのもある(ドイツ・ローライ社のローライ・フレックスが有名)。
 一眼レフの原型はカメラが誕生する前、絵を描くための道具として15世紀に使われ出した「カメラオブスキュラ」(ラテン語で「暗箱」の意味)までさかのぼることが出来る。写真を撮るための道具として一眼レフ・カメラを初めて考案したのは、1861年、イギリスのトーマス・サットンとされている。
 現在の主流となっている35ミリ一眼レフで世界初は、ドイツのイハゲー社が1936年に発売した「キネ・エグザクタ」で、国内では1952年、旭光学(現ペンタックス)が発売した「アサヒフレックスI」型が最初である。その後、ニコンが「F」(1959年)「F3」(1980年)を発売して人気を博した。
 1985年、ミノルタがそれまでの技術とは一線を画す高性能な「オート・フォーカス(AF)」機能を持つ「α-7000」を発売、大ベストセラーとなる。35ミリ一眼レフ・カメラのカテゴリーが「AF機」「MF(マニュアル・フォーカス)機」の二つに区分されるようになった。
その後も国内のニコン、キヤノン、ペンタックス、ミノルタ、オリンパス、京セラなどを中心に、激しい一眼レフ・カメラの開発競争が続けられていく。日本のカメラ産業史は一眼レフ・カメラの開発史と重なるところが多い。また高度成長期に働くお父さんが一眼レフ・カメラで家族サービスを写真に収めることは、社会全体が豊かに伸びていく時代の手応えを庶民が体感できる行為でもあった。
 2008年10月現在で、一眼レフ・カメラを発売している国内のメーカーは、ニコン、キヤノン、ソニー(コニカミノルタよりカメラ事業を譲渡される)、ペンタックス、オリンパスである。ただしフィルムを使う銀塩一眼レフ・カメラで現行機種は、キヤノンの「EOS-1V」とニコンの「F6」「FM10」の3機種しかない。

(神田憲行 ライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android