コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京セラ きょうセラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京セラ
きょうセラ

セラミックスメーカー。 1959年京都セラミツクとして設立。ニューセラミックス (→ファインセラミックス ) の総合メーカーとして成長,1982年現社名に変更。翌 1983年ヤシカを合併し光学機器に進出。 ICパッケージなどの半導体部品,レーザープリンタなどの電子機器,切削工具などのセラミックス応用品などを製造する。 1990年代から通信情報機器関連がマルチメディア化の流れに乗って急成長。 KDDIの筆頭株主。売上構成比は,通信機器 25%,半導体部品 24%,電子部品 19%,光学精密機器3%,その他 30%。年間売上高 7253億 2600万円 (SEC方式。うち輸出 36%) ,資本金 1157億 300万円,従業員数1万 3759名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

京セラ

正式社名「京セラ株式会社」。英文社名「KYOCERA CORPORATION」。電気機器製造業。昭和34年(1959)「京都セラミツク株式会社」設立。同57年(1982)現在の社名に変更。本社は京都市伏見区竹田鳥羽殿町。総合電子部品会社。セラミックコンデンサーやLSI用セラミックパッケージなどセラミック関連製品に強み。通信・情報機器も手がける。東京証券取引所第1部・ニューヨーク証券取引所上場。証券コード6971。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

京セラの関連キーワード京セラドキュメントソリューションズ京セラコミュニケーションシステム日本のアメリカンフットボールUQコミュニケーションズユニバーサル・デザイン太陽光発電の補助制度ポール ジェイコブズ国分(鹿児島県)一眼レフ・カメラJALの経営再建川内(鹿児島県)大阪府大阪市西区iBeacon京都サンガFCKDDI(株)超音波モーター命名権ビジネス大阪府大阪市ケイディディ京セラ(株)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京セラの関連情報