コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリンパス Olympus Corporation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリンパス
Olympus Corporation

カメラ内視鏡を中心とする光学機器,医療機器メーカー。1919年高千穂製作所として設立,1942年高千穂光学工業と改称,1949年オリンパス光学工業に改称。1964年ドイツ連邦共和国(西ドイツ),1968年アメリカ合衆国に販売子会社を設立し,海外事業の地歩を固める。1988年にホンコンに子会社を設立したのを皮切りに,アジアに製造・販売・調達拠点を展開。2003年現社名に変更。2004年映像事業をオリンパスイメージングに,医療事業をオリンパスメディカルシステムズに会社分割。事業内容はデジタルカメラ,録音機,各種顕微鏡,内視鏡など。研究開発では医療,生命科学などを手がける。

オリンパス
Olympus

ヨーロッパ宇宙機関の大型高出力実験通信衛星。 1990年代の通信・放送衛星需要にこたえることを目的とした,重量 2tクラスまで対応が可能な多目的衛星バス。3軸姿勢制御方式で,長さ 2.9m,静止軌道上の重量は約 1.4t,寿命は 10年とされている。オリンパス1は,89年7月 12日 (日本時間) に,ギアナ宇宙センターからアリアン3型ロケットにより打ち上げられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オリンパス

設立は1919年。小型・軽量のデジタル一眼カメラ「ペン」シリーズや防水・防塵(ぼうじん)に優れたデジカメ「タフ」シリーズで知られる精密機器メーカー。消化器向け内視鏡で世界シェアの7割を握るなど、医療関連分野も売上高の4割を占める主力事業。2011年3月期売上高は8471億円。従業員数は約4万人。

(2011-11-08 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

オリンパス

正式社名「オリンパス株式会社」。英文社名「OLYMPUS CORPORATION」。精密機器製造業。大正8年(1919)「株式会社高千穂製作所」設立。昭和17年(1942)「高千穂光学工業株式会社」に改称。同24年(1949)「オリンパス光学工業株式会社」に改称。平成15年(2003)現在の社名に変更。本社は東京都新宿区西新宿。光学機器メーカー。医療用機器が主力。内視鏡のシェア世界トップクラス。デジタルカメラの販売や業務用パッケージソフトの開発・販売など情報・通信分野にも展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード7733。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

オリンパスの関連キーワードFour Thirds SystemZUIKO DIGITAL レンズフォーカスブラケッティングオリンパス光学工業[株]Live MOSセンサーマイケル ウッドフォードxDマイクロフォーサーズxDピクチャーカードオリンピック国立公園ライトボックスモードヨーロッパ宇宙機関TruePic処理フラッタリー[岬]Social INオリンパス(株)オリンパス[株]ファインズーム超音波モーターダイレクト測光

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オリンパスの関連情報