コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一竜斎貞山(7代) いちりゅうさい ていざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一竜斎貞山(7代) いちりゅうさい-ていざん

1907-1966 昭和時代の講談師。
明治40年6月2日生まれ。6代に入門,昭和6年貞鏡を名のり真打にすすむ。22年7代を襲名。「四谷怪談」などの怪談物に電気じかけの道具をとりいれるなどの工夫をこらし,「お化け貞山」とよばれた。昭和41年12月7日死去。59歳。東京出身。本名は佐藤貞之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一竜斎貞山(7代)の関連キーワード昭和時代講談師

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android