コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一色教親 いっしき のりちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一色教親 いっしき-のりちか

1419-1451 室町時代の武将。
応永26年生まれ。一色持信(もちのぶ)の子。永享12年伯父の一色義貫(よしつら)が将軍足利義教(よしのり)に殺され,一色家の惣領(そうりょう)となる。同年丹後・伊勢(いせ)の守護,のち侍所(さむらいどころ)頭人(とうにん)。歌人としても知られた。宝徳3年11月28日死去。33歳。死後,家督は義貫の子義直(よしなお)がついだ。通称は五郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

一色教親

没年:宝徳3.11.28(1451.12.21)
生年:応永26(1419)
室町時代の武将。持信の子。左京大夫。永享6(1434)年の父の死後,父同様,近習として将軍足利義教に重用された。義教は,同11年に編まれた『新続古今和歌集』を見て,教親ら4人を入選にふさわしくない初心者と怒っているが(『建内記』),それは寵臣として権勢を振るう教親らに対するいら立ちを示している。翌年伯父義貫が義教の命で殺されると,遺領のうち丹後(京都府)と尾張(愛知県)海東・智多両郡守護職を認められて一色宗家を継ぎ,伊勢(三重県)半国守護職をも兼ねた。文安4(1447)年から2年間は侍所頭人も務めている。

(河村昭一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

一色教親の関連キーワード一色義直

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android