一色義定(読み)いっしき よしさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一色義定 いっしき-よしさだ

?-1582 織豊時代の武将。
一色義道の子。丹後(京都府)国主の父とともに,細川藤孝(幽斎)・忠興(ただおき)父子の丹後侵攻に抗する。天正(てんしょう)7年居城の八田城をおとされて父が自害し,義定は残党をひきつれ弓木城にのがれる。8年明智光秀の仲介によって講和し,藤孝の娘を妻とする。のち藤孝にそむき,天正10年9月8日謀殺された。名は別に義俊。通称は五郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android