コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一角・一廉 いっかど

大辞林 第三版の解説

いっかど【一角・一廉】

ひときわすぐれていること。ひとかど。副詞的にも用いる。 「 -の人物」 「 -忠義の気で/多情多恨 紅葉

ひとかど【一角・一廉】

( 名 )
一つの事柄。一つの分野。
他よりもひときわ優れていること。並み以上であること。いっかど。 「 -の人物」 「此の詩もさせる作意はなけれども-ある詩也/中華若木詩抄」
人や物が名前に恥じない能力や内容をもつこと。一人前。 「 -の実業家」 「 -の働きをする」
( 副 )
相応に。人並みに。いっぱしに。 「 -役に立っていると思っているようだ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一角・一廉の関連キーワード中華若木詩抄多情多恨実業家

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android