コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一重・単 ひとえ

大辞林 第三版の解説

ひとえ【一重・単】

重なっていないこと。そのものだけであること。 「壁-をへだてるのみだ」
花びらが重なっていないこと。また、その花。単弁。
裏をつけないで仕立てた衣類、特に長着。ひとえもの。 《単》 [季] 夏。 → あわせ
装束の下に着た肌着。平安末期、小袖肌着ができてからは、その上に重ねる中着となった。男は袴に着込め、女は袴の上からはおる。ひとえぎぬ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一重・単の関連キーワード花びら装束単弁長着衣類

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android