コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏に ヒトエニ

デジタル大辞泉の解説

ひとえ‐に〔ひとへ‐〕【偏に】

[副]《名詞「一重(ひとえ)」+格助詞」から》
ただそのことだけをするさま。いちずに。ひたすら。「御贔屓(ごひいき)のほどを偏にお願い申し上げます」
原因・理由・条件などが、それに尽きるさま。もっぱら。「成功は偏に君の尽力による」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとえに【偏に】

( 副 )
〔一重に、の意〕
ただそれだけが原因・理由であることを強調する気持ちを表す。まったく。もっぱら。 「今日の成功は-諸君の努力のたまものである」
ただそのことだけを行うさま。ひたすら。いちずに。 「 -お願い申し上げます」
ただそれだけで他のものがないさま。単に。一面に。 「春はただ花の-咲くばかり物のあはれは秋ぞまされる/拾遺 雑下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

偏にの関連キーワード偏・変・扁・片・篇・編・變・貶・辺・返・遍・邊・騙エジプト文字阿倍仲麻呂タイ(魚)【えり】高階栄子水辺の鳥SMAPたまもの千枚岩ひん岩うどんサワラ立心偏水言抄アユ須用モモ慈恵拾遺

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偏にの関連情報