コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村氏 たむらうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田村氏
たむらうじ

江戸時代の一関藩主。坂上田村麻呂の後裔で,陸奥国田村郡に住し,田村氏を称したという。南北朝時代には南朝方に属し,室町時代中期に没落したが,戦国時代の清顕のとき,三春城に拠って伊達氏と結んだ。豊臣秀吉の小田原征伐後,領地を没収されたが,江戸時代に伊達宗良が田村氏を起し,伊達氏の支藩として承応1 (1652) 年岩沼3万石を領し,建顕のとき,天和2 (82) 年一関に移った。明治になって子爵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たむらうじ【田村氏】

田村という名字の氏は各地に存在するが,有名なのは中世の陸奥国田村荘(福島県田村郡)の荘司で,近世の仙台藩の支藩一関藩(岩手県一関市)主だった田村氏である。近世の系図は坂上田村麻呂の後裔とするが,鎌倉時代の田村荘司は秀郷流藤原氏,15,16世紀の田村氏は平姓であり,南北朝期に家の断絶,交替があったものか不明。南北朝内乱では田村荘内の宇津峯城に拠って南朝側として活躍,1396年(応永3)には田村荘司則義・清包父子が下野の小山義政の遺子若犬丸をたすけて挙兵し,鎌倉公方足利氏満の討伐を受けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田村氏
たむらうじ

戦国期~江戸末期の武家。坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)の子孫と伝えるが、戦国期田村氏は平姓を称している。16世紀初めに陸奥(むつ)国田村郡守山(もりやま)(福島県郡山(こおりやま)市)から三春(みはる)(同県三春町)に移った。天正(てんしょう)期(1573~92)の当主清顕(きよあき)は佐竹、岩城(いわき)、蘆名(あしな)各氏の連合に対抗し伊達(だて)氏と結び、清顕死後は伊達政宗(まさむね)の保護下に入ったが、1590年(天正18)豊臣(とよとみ)秀吉の奥羽仕置により所領を没収された。1652年(承応1)政宗夫人陽徳院(田村清顕娘)の意志により、仙台藩主伊達忠宗(ただむね)(政宗子息)は三男宗良(むねよし)に3万石を与えて田村家を再興した。いわゆる伊達騒動は、宗良の仙台藩後見役時のことである。宗良の子建顕(たけあき)の代に磐井(いわい)郡一関(いちのせき)(岩手県一関市)3万石に移り、以後幕末に至った。[小林清治]
『『三春町史』全8巻(1975~78・三春町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

田村氏の関連キーワード姓名/日本のおもな姓氏滋賀県長浜市三田町北近江城館跡群田村 太兵衛宮島清次郎岩沼(市)三春(町)小山若犬丸一関(市)蘆名盛氏飯野平城藩学一覧伊達輝宗田村清顕田村市郎昔々有時一関市浅井氏小野町一関城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田村氏の関連情報