七代目 古今亭志ん馬(読み)ななだいめここんていしんば

知恵蔵miniの解説

落語家。1958年3月3日、東京生まれ。本名、吉野恵一。81年4月、六代目古今亭ん馬に入門。82年、前座となり、志ん馬を名乗る。86年、二つ目に昇進し、志ん次に改名。94年、師匠志ん馬死去のため、志ん朝門下に移籍。96年、NHK新人演芸大賞を受賞。97年に真打昇進し、100年以上続く落語家の名跡「古今亭志ん馬」の七代目を襲名した。「三方一両損」「明烏」「宮戸川」などの古典落語を得意とし、軽快な噺で人気を博した。13年4月の寄席を最後に休養していたが、同年10月7日、胃癌のため死去。享年55。

(2013-10-10)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android