コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七言律詩 シチゴンリッシ

大辞林 第三版の解説

しちごんりっし【七言律詩】

漢詩の一体。七言八句から成る定型詩で、唐代に完成された。七言律。七律。 → 律詩

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七言律詩
しちごんりっし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

七言律詩の関連キーワード沈佺期(しんせんき)有智子内親王沈【せん】期詩[中国]本朝無題詩和漢朗詠集梁川星巌尾池松湾祇園南海履み落し中国文学七言排律三体唐詩唐詩品彙五言詩七言詩三体詩唐文粋沈佺期宋之問

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七言律詩の関連情報