七頭(読み)シチトウ

大辞林 第三版の解説

しちとう【七頭】

室町時代、三管領に次ぐ家格の七家。山名・京極・一色いつしき・土岐とき・赤松・上杉・伊勢をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しち‐とう【七頭】

室町時代三職につぐ家柄としての山名・一色・土岐・赤松・京極・上杉・伊勢の七家の総称。
※南方紀伝(18C前か)下・応永五年五月八日「此年義満公定武家三職七頭

ななつ‐がしら【七頭】

〘名〙 七つ時の少し前。また、七つになったばかりの時刻。
※浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「時は夜明けの七つがしら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七頭の関連情報