三管領(読み)サンカンレイ

世界大百科事典 第2版の解説

さんかんれい【三管領】

室町時代の武家の家格。1358年(正平13∥延文3)以降室町幕府の執事(のち管領)は細川・斯波の二大有力守護家から出していたが,1398年(応永5)6月,将軍足利義満は河内・尾張・越中守護の畠山基国を管領に抜擢し,以後はこの三家が管領を出す守護家として固定し,世人はこれを三管領と称した。しかし基国の登用は畠山氏をしのぐ有力大名であった大内氏を刺激し,これが1399年の応永の乱の一因になったといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんかんれい【三管領】

室町幕府の管領に任ぜられる格式を有する、斯波しば・細川・畠山の三家。三管。三職。さんかんりょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android