コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七騎落 シチキオチ

大辞林 第三版の解説

しちきおち【七騎落】

能の一。四番目物。作者未詳。石橋山で敗れ、船で安房に落ちる頼朝主従は八人であったが、頼朝は、源氏には八騎は不吉という先例があるので、一人下ろせと土肥実平に命じる。実平は我が子遠平を陸に残すが、頼朝に心を寄せる敵方の和田義盛が遠平を助ける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

七騎落の関連キーワード西川扇蔵(10代)日吉 小三八能現行曲一覧日吉小三八西川扇蔵何として石橋山先例謡曲頼朝段物安房治定

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android