万人の万人に対する戦い(読み)ばんにんのばんにんにたいするたたかい(英語表記)bellum omnium contra omnes

  • の 万人(ばんにん)に対(たい)する戦(たたか)い
  • ばんにん
  • 万人
  • 万人(ばんにん)の万人(ばんにん)に対(たい)する戦(たたか)い

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

T.ホッブズ言葉。彼は自然状態において自然権を行使することにより,「人は人に対してとなる」ので,自然状態は「万人の万人に対する戦い」の場にほかならないと考えた。これを克服するために,社会契約によって各人が同時に自然権を放棄し,国家を形成し,この保護のもとに平和と安全を達成するしかないとの社会契約説が展開される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

イギリスの哲学者トマス=ホッブズ(一五八八‐一六七九)のことば。政治的社会の成立していない自然状態では、各個人がそれぞれ自分の利益を追求するため、互いにあらゆる人為的制約から自由であると考え、その結果、無秩序な戦争状態におちいると説いたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android