コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然状態 しぜんじょうたい State of nature

3件 の用語解説(自然状態の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然状態
しぜんじょうたい
State of nature

人為的に政治社会を形成する以前に,人間がおかれていた状態。人間はなぜ社会を形成するのかという問いに対して,一度現存の社会関係を解体し,それを構成する個人から理論的に再構成しようとする意図から考察された仮説で社会契約説とは不可分の概念。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しぜんじょうたい【自然状態 state of nature】

国家状態に対置させられる,人間の自然に合致した状態をいう。自然状態にあっては人間は自然権をもつ,自由・平等・独立な存在としてあらわれる。17世紀から登場したこの自然状態概念は国家をはじめとする,あらゆる社会関係をいったん解体し,このような個々人から再構成しようとする意図と結びついている。自然状態をどのようなものと考えるかは,人間の自然をどう考えるかと不可分であり,たとえば,ホッブズはそれを万人の万人に対する戦争状態としてとらえ,ロックは比較的平和な状態として描いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しぜんじょうたい【自然状態】

社会契約説において、個人相互の社会契約に基づく国家の形成以前に、諸個人が置かれていると論理的・歴史的に想定される状態。自然権の無制限な行使による戦争状態であるとしたり(ホッブス)、理性によって生活を営む自由で平等な状態であるとする(ロック)など論者によって異なる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然状態の関連キーワード博物学労働権自然史自然に還れ自然の国対置人情魅せられるさせられる自然に親しむ運動

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然状態の関連情報