コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万句 マンク

大辞林 第三版の解説

まんく【万句】

連歌・俳諧の形式の一。百韻を百巻または千句(百韻一〇巻から成る)を一〇回行なったもの。宗匠立机の披露などで行われた。「北野社一日万句」「生玉いくだま万句」など。
「万句合」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の万句の言及

【百韻】より

…連歌ははじめ2句の唱和からしだいに連続する句数が増えていったが,1200年前後に100句の形式が成立したらしい(現存資料では《明月記》正治2年(1200)9月20日の記事がもっとも古い)。13世紀以後,連歌の基本的形式となり,これを10かさねて千句,千句を10かさねて万句という型式も生まれた。江戸初期の貞門,談林時代の俳諧は百韻の形式によって連句を制作したが,蕉門が確立するに従って〈歌仙〉形式に移行するに至った。…

※「万句」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

万句の関連キーワード小林一茶(1763~1827)川柳(柄井八右衛門)誹風柳多留拾遺おっかじめる誹風末摘花万句合興行誹風柳多留手間だうなルーダキー柄井川柳引っきり生玉万句小林一茶鹿島白羽片岡旨恕岸本和英菊池重朝宗匠立机サーイブ小山雨譚

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万句の関連情報