コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万年茸 マンネンタケ

デジタル大辞泉の解説

まんねん‐たけ【万年×茸】

マンネンタケ科のキノコ。広葉樹の根元に生える。全体に漆を塗ったようなつやがあり、堅い。傘は腎臓形で黒褐色赤褐色。茎は長く、傘と直角につく。縁起物として床飾りにする。桂芝(けいし)。霊芝。さいわいたけ。いわいだけ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんねんたけ【万年茸】

担子菌類ヒダナシタケ目のきのこ。広葉樹の根元や切り株に生える。傘は腎臓形で、径20センチメートルに達し、初め黄色、のちに赤褐色ないし紫褐色となり、漆塗りに似た光沢がある。質はかたく、腐らない。中国や日本で古くから縁起のよいきのことして、床飾りなどにし、また漢方薬に用いる。霊芝れいし。幸茸さいわいたけ。桂芝けいし。まんねんだけ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

万年茸 (マンネンタケ)

学名:Ganoderma lucidum
植物。サルノコシカケ科の担子菌類,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

万年茸の関連キーワードマゴジャクシ(孫杓子)幸い茸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android