コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井棗洲 みい そうしゅう

1件 の用語解説(三井棗洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三井棗洲 みい-そうしゅう

1766-1833 江戸時代後期の医師。
明和3年生まれ。三井眉山(びざん)の長男。大坂の人。家法をついで三井流眼科をつたえる。片山北海に儒学をまなび,詩文をよくして混沌詩社の一員となった。天保(てんぽう)4年3月3日死去。68歳。名は善之。字(あざな)は文卿。通称は元孺。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三井棗洲の関連キーワード浮世草子中興俳諧明和事件島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争工場法天保の飢饉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone