コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井棗洲 みい そうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三井棗洲 みい-そうしゅう

1766-1833 江戸時代後期の医師。
明和3年生まれ。三井眉山(びざん)の長男。大坂の人。家法をついで三井流眼科をつたえる。片山北海儒学をまなび,詩文をよくして混沌詩社の一員となった。天保(てんぽう)4年3月3日死去。68歳。名は善之。字(あざな)は文卿。通称は元孺。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三井棗洲の関連キーワード浮世草子ハーシェルドールトン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ジングシュピール中興俳諧ナンシー(フランス)ブラック(Joseph Black)円山応挙明和事件

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android