コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石上乙麻呂 いそのかみの おとまろ

3件 の用語解説(石上乙麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石上乙麻呂 いそのかみの-おとまろ

?-750 奈良時代の公卿(くぎょう)。
石上麻呂の3男。天平(てんぴょう)4年丹波守(たんばのかみ),10年左大弁となるが,翌年久米若売(わかめ)と通じ土佐に流される。18年遣唐大使にえらばれたが,発遣は中止された。20年従三位,のち中納言。詩文にすぐれ「懐風藻」「万葉集」に詩歌をのこす。天平勝宝2年9月1日死去。名は弟麻呂ともかく。
【格言など】大崎の神の小浜は狭(せば)けども百船人(ももふなびと)も過ぐといはなくに(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石上乙麻呂

没年:天平勝宝2.9(750)
生年:生年不詳
8世紀の貴族。詩人,万葉歌人。宅嗣の父。大和朝廷の名族物部氏の本流の出身。天平10(738)年藤原宇合未亡人,久米若売と恋愛事件を起こし,土佐国(高知県)に流された。『懐風藻』の伝には,その容姿風采の優れていたことがみえ,美男子ぶりがうかがえる。土佐での感懐を詠んだ詩集『銜悲藻』は伝わらない。のち政界に復帰,天平18年には遣唐大使に選ばれた。その学才,容姿がかわれたのであろうが,計画は中止となった。天平勝宝2(750)年,従三位,中納言,中務卿で死去した。<参考文献>東野治之「天平十八年の遣唐使派遣計画」(『正倉院文書と木簡の研究』)

(東野治之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いそのかみのおとまろ【石上乙麻呂】

?‐750(天平勝宝2)
奈良時代の貴族。《万葉集》に短歌2首,《懐風藻》に詩4首。石上氏の出身で,左大臣麻呂の三子,文人の首(はじめ)宅嗣(やかつぐ)の父。風姿文才を称せられ治部卿・中務卿などを歴任し従三位中納言に至る。天平年中,藤原宇合(うまかい)未亡人久米若売(わかめ)と密通,土佐に配流,2年有余の間展転閨中(けいちゆう)の情をつづって《銜悲藻(かんぴそう)》2巻を成したという。その事件を歌った《万葉集》巻六の時人の歌は瓦版風にもてはやされた歌として興味深い

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石上乙麻呂の関連キーワード貧窮問答歌マイスタージンガーユンカー歌人日嗣の御子万葉紀女郎紀の川万葉の里田中三上刀利宣令

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone