コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三刀屋孝和 みとや たかかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三刀屋孝和 みとや-たかかず

1570-1657 織豊-江戸時代前期の武将。
元亀(げんき)元年生まれ。出雲(いずも)(島根県)三刀屋城主久祐(ひさすけ)の子。朝鮮出兵のとき毛利秀元に属して戦功をたて,関ケ原の戦いでは東軍の細川幽斎に助勢した。のち紀伊(きい)和歌山藩主徳川頼宣につかえたが,罪をえて江戸で隠居。明暦3年7月死去。88歳。通称は監物(けんもつ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三刀屋孝和の関連キーワード石山戦争元亀安土桃山時代(年表)火消坂井政尚トルレスカブラル利府城イロコイ連盟森可成

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android