三刀屋孝和(読み)みとや たかかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三刀屋孝和 みとや-たかかず

1570-1657 織豊-江戸時代前期の武将。
元亀(げんき)元年生まれ。出雲(いずも)(島根県)三刀屋城主久祐(ひさすけ)の子。朝鮮出兵のとき毛利秀元に属して戦功をたて,関ケ原の戦いでは東軍の細川幽斎に助勢した。のち紀伊(きい)和歌山藩主徳川頼宣につかえたが,罪をえて江戸で隠居。明暦3年7月死去。88歳。通称は監物(けんもつ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android