コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛利秀元 もうり ひでもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毛利秀元 もうり-ひでもと

1579-1650 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)7年11月7日生まれ。毛利元清の子。備中(びっちゅう)(岡山県)猿掛城で出生。毛利輝元(てるもと)の養子となり,朝鮮出兵名代として出陣した。のち輝元に実子秀就(ひでなり)が生まれたため分家。関ケ原の戦い後,宗家より3万6000石を分与されて長門(ながと)(山口県)府中藩主毛利家初代となる。古田織部門の茶人としても著名。慶安3年閏(うるう)10月3日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

毛利秀元

没年:慶安3.閏10.3(1650.11.26)
生年:天正7.11.7(1579.11.25)
安土桃山・江戸前期の長府藩祖。毛利元就の4男穂田元清の子。備中国猿掛城(岡山県矢掛町)で生まれる。幼名は宮松丸。右京大夫,伊予守,甲斐守,侍従,参議。毛利輝元の養子となり,豊臣秀吉の朝鮮出兵の際には,輝元名代として2度渡海。慶長4(1599)年毛利秀就に惣領(輝元の後継)の地位を譲り,長門国ほかの国割を受けて別家を立てた。関ケ原の戦後長府(山口県下関市)3万6200石の分知を受け,串崎城を築城。毛利の両川(吉川元春,小早川隆景)の後継者として,吉川広家と共に毛利一門の重しとなった。14年証人(人質)として在江戸。秀就の行儀や付合いへの意見者となり,さらに幕府年寄との折衝役を務めた。元和9(1623)年~寛永8(1631)年本藩財政改革の統轄役として,寛永検地,知行替えなどを主導した。茶の湯に堪能で,将軍徳川家光に献茶をしたこともある。<参考文献>田中誠二「毛利秀元論」(『山口県地方史研究』62号)

(田中誠二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

毛利秀元 (もうりひでもと)

生年月日:1579年11月7日
安土桃山時代;江戸時代前期の大名
1650年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の毛利秀元の言及

【長府藩】より

…長州藩(萩藩)の支藩の一で,長門国豊浦(とようら)郡の大部分と厚狭(あさ)郡西部の一部を領域とする藩。府中藩ともいい,1869年(明治2)の版籍奉還時,豊浦(とよら)藩と改称した。1600年(慶長5),毛利輝元の防長2ヵ国への移封に際して,その従弟秀元(元就四男元清(もときよ)の次男)に長府(現,下関市)3万6200石を分知したのが起りとされる。藩高は4万7000余石と通称されていたが,1783年(天明3)公称5万石の城主格に列した。…

※「毛利秀元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

毛利秀元の関連キーワード上田流(馬術)富田信高妻蔚山の戦い山口(県)宇喜多秀家伊賀崎治堅三刀屋孝和益田元祥生年月日田中誠二上田重秀毛利光広毛利元知豊浦藩長福寺甲州流長州藩功山寺清末藩最蔵坊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android