コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三千風 ミチカゼ

世界大百科事典 第2版の解説

みちかぜ【三千風】

1639‐1707(寛永16‐宝永4)
江戸前期の俳人。本姓は三井,自ら大淀を称す。名は友翰。別号は梅睡,無不非軒,寓言堂,呑空居士,東往居士など二十数種。伊勢射和(松阪市射和町)の商家の出身。若くより俳諧に志し,1669年(寛文9)から約15年仙台に居住。流行の矢数俳諧に挑戦し,1日独吟2800句に成功。追加200句とともに《仙台大矢数》と名付け,西鶴の手によって刊行された。三千風の号はこの矢数俳諧にちなむ。仙台では多くの門弟を擁し,仙台俳壇の基礎を築く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三千風
みちかぜ
(1639―1707)

江戸初期の談林系俳人。本姓は三井、自ら大淀(おおよど)を称す。名は友翰(ゆうかん)、別号は梅睡、呑空(どんくう)、寓言堂(ぐうげんどう)、東往居士(とうおうこじ)など二十数種。伊勢(いせ)国射和(いざわ)(松阪市)の商家に生まれたが、早く俳諧(はいかい)に志し、31歳の秋松島に赴く。仙台に15年居住し、『仙台大矢数(おおやかず)』『松島眺望集』を刊行。1683年(天和3)から7年間、全国を行脚(あんぎゃ)して『日本行脚文集』をなす。95年(元禄8)西行遺跡の大磯鴫立沢(おおいそしぎたつさわ)に庵(いおり)を再興。宝永(ほうえい)4年1月8日郷里で没す。墓所は射和共同墓地。編著『法語三人物語』『倭漢田鳥集』など。[岡本 勝]
 三日月を踏まへて落つる雲雀哉(ひばりかな)
『岡本勝著『大淀三千風研究』(1971・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三千風の関連キーワード山田嘉右衛門(2)松島(宮城県)日本行脚文集大淀三千風コーヒー光琳模様梅原貞為伊東不玉谷木因鴫立沢朱人

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三千風の関連情報