コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三原王(読み)みはらのおう

朝日日本歴史人物事典の解説

三原王

没年:天平勝宝4.7.10(752.8.23)
生年:生年不詳
奈良時代皇族天武天皇の孫。舎人親王の子。御原王とも書く。天平9(737)年,官人の規律の乱れを取り締まる弾正台の長官となり,治部卿,大蔵卿,中務卿を歴任。子に和気王(765年謀反が発覚),山口王,長津王などがいる。

(増渕徹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android