コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王燾 おうとうWáng Tāo

世界大百科事典 第2版の解説

おうとう【王燾 Wáng Tāo】

中国,唐の人で,官僚政治家として生涯を送り,鄴郡の太守にまでなったが,752年(天宝11)に《外台秘要(げだいひよう)》を撰したことで有名である。生没年は不明。唐の礼部尚書,王珪(571‐639)の孫であるから,752年にはかなりの高齢であったと思われる。若い時から病弱で,医薬に関心を持ち,台閣にあった20余年間に王室図書館,弘文館の医書などを閲覧して処方をあつめ,編纂したのが《外台秘要》である。【赤堀 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


おうとう

生没年不詳。中国、唐代の医家。『外台秘要方(げだいひようほう)』40巻を著した(752)。太宗の補佐グループの一員の王珪(おうけい)(570―639)の孫である。王伝によれば「生まれつき親孝行で、徐州の司馬(しば)となり、母の病気のため長年帯を廃さず湯剤を調え仕えた。しばしば高医と交際し、ついにその術を窮め、それによって書をつくり外台秘要と号した。討繹(とうえき)精明で世はこれを宝とした。給事中(きゅうじちゅう)郡太守(ぎょうぐんたいしゅ)を歴任し、その治績は当時知られていた」とある。また『外台秘要方』の自序では、「幼時から病弱で、長じて医術を好み、有道の人に学び、また台閣に二十余年も出入りし、久しく弘文館(こうぶんかん)図籍方書などをみてその秘要を探った。婚姻のゆえをもって左遷され、僻地(へきち)を移動させられた。その間、病気となり死にかけたこともあったが、頼れるものは経方(けいほう)だけであった。発憤して種々の処方を集め、まとめて四十巻とし、外台秘要方と名づけた」と書いている。[山本徳子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の王燾の言及

【外台秘要】より

…752年(天宝11)に王燾(おうとう)が編纂した中国臨床医学書。40巻。…

※「王燾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王燾の関連キーワード傷寒論

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android