コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹呂太夫(読み)とよたけ ろだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹呂太夫 とよたけ-ろだゆう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
義太夫節の豊竹越前少掾(えちぜんのしょうじょう)の弟子。享保(きょうほう)10年(1725)大坂豊竹座で初舞台。18年河内太夫(かわちだゆう)と改名。滑稽(こっけい)な語りを意味するチャリ語りの元祖。明治の呂太夫と区別して享保の呂太夫といわれ,代数にはいれない。後名は駿河太夫(するがだゆう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊竹呂太夫の関連情報