コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐竹紋十郎 きりたけ もんじゅうろう

6件 の用語解説(桐竹紋十郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

桐竹紋十郎

文楽の人形遣い。大阪生。本名は磯川佐吉。3代吉田文五郎の門下。初名は吉田小文、のち文昇、2代蓑助を経て、2代桐竹紋十郎を襲名した。女方遣いの第一人者で、文楽の普及や後継者養成にも尽力した。人間国宝文化功労者。昭和45年(1970)歿、69才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きりたけ‐もんじゅうろう〔‐モンジフラウ〕【桐竹紋十郎】

文楽の人形遣い。
(初世)[1847?~1910]大坂の生まれ。本名、小林福太郎。桐竹門十郎の子。父の名跡門十郎を継いだが、のち紋十郎と改めた。女形遣いの名手。
(2世)[1900~1970]大阪の生まれ。本名、磯川佐吉。前芸名、蓑助。吉田文五郎の門に入り、抜擢されて、昭和2年(1927)2代目を襲名。女形遣いの名手。革新的で新作などにも意欲をみせた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

桐竹紋十郎【きりたけもんじゅうろう】

文楽人形遣。初世〔1845-1910〕は明治時代の代表的な女方遣。2世〔1900-1970〕は3世吉田文五郎門下で,1927年紋十郎を襲名。1947年因(ちなみ)会を離れ三和(みつわ)会を組織。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きりたけもんじゅうろう【桐竹紋十郎】

文楽人形遣い。(1)初世(1845‐1910∥弘化2‐明治43) 本名小林福太郎。幕末の名手,初世桐竹門十郎の子で若くして親元を離れ,信州や江戸で修業した。文楽座に復帰して桐竹亀松を継ぎ,1876年門十郎を名のったが故あって紋十郎と改めた。女方の名手として《伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)》の政岡,《恋女房染分手綱》の重の井,《艶姿女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)(酒屋)》のお園などを得意としたが,本来は立役であったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きりたけもんじゅうろう【桐竹紋十郎】

1847?~1910) (初世)文楽の人形遣い。大阪生まれ。本名、小林福太郎。桐竹門十郎の子。明治期の代表的女方遣い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桐竹紋十郎
きりたけもんじゅうろう

文楽(ぶんらく)人形遣い。[山田庄一]

初世

(1845/47―1910)本名小林福太郎。幕末の立役(たちやく)遣いの立者(たてもの)であった桐竹門十郎の子として大坂に生まれる。13歳で3世吉田辰造に入門、辰三郎を名のったが、18歳のとき大坂を離れて信州、江戸で修業、1876年(明治9)大阪に帰り文楽座に入り桐竹亀松を名のる。まもなく父の名跡門十郎を継いだが、一部の反対で亀松に戻り、翌77年に紋十郎と改名した。もともと立役遣いであったが、文楽座に帰ってから女方遣いになり、政岡(まさおか)、板額(はんがく)、玉手(たまて)、戸無瀬(となせ)、お園、お絹、お三輪などを得意とし、はでな芸風で人気を集め、初世吉田玉造と並んで明治期の文楽人形遣いの代表的存在であった。[山田庄一]

2世

(1900―70)本名磯川佐吉。大阪府堺(さかい)市に生まれる。9歳で3世吉田文五郎に入門、小文を名のる。その後一時師匠のもとを去り非文楽系で働いたがまもなく復帰。1915年(大正4)2世吉田簑助(みのすけ)を襲名、27年(昭和2)2世紋十郎襲名、若手女方遣いとして人気を得た。49年、文楽の二派分裂では三和会(みつわかい)(組合派)の総帥となり、弁慶などの立役にも芸域を広げた。64年(昭和39)重要無形文化財保持者に認定、69年文化功労者。阿古屋(あこや)、政岡、玉手、お園など、はでな動きに内面の深さを加えた晩年の芸は戦後文楽の一つの頂点であった。[山田庄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の桐竹紋十郎の言及

【人形浄瑠璃】より

…しかし,84年,群小の人形芝居小屋が合同して,前年の内紛によって文楽座から脱退した三世竹本大隅太夫,二世豊沢団平らを擁し,大阪の中心地船場博労町に彦六座を開場した。一方,文楽座も,同年,小屋を彦六座の近くの船場平野町御霊神社境内に移し,御霊文楽座と名乗って,二世竹本越路大夫(のちの竹本摂津大掾)を中心に七世竹本津太夫,五世豊沢広助,初世吉田玉造,初世桐竹紋十郎らの陣容を整え,これに対抗した。こうして,両座が競合する明治期の大阪人形浄瑠璃の黄金時代が現出する。…

※「桐竹紋十郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桐竹紋十郎の関連キーワード三人遣い人形遣い木偶遣い文楽人形吉田栄三主遣い手遣い桐竹勘十郎(3代)桐竹紋三吉田玉造

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桐竹紋十郎の関連情報