コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因会 ちなみかい

世界大百科事典 第2版の解説

ちなみかい【因会】

人形浄瑠璃の文楽が2派に分裂していた時代の一派の名称。1949年,文楽座員の労働組合結成に起因して組合派と非組合派が対立,組合派は〈三和(みつわ)会〉として松竹を離脱した。松竹に残ったのは櫓下豊竹山城少掾(やましろのしようじよう)以下,4世鶴沢清六吉田文五郎らで因会と称した。文楽座を拠点に興行を続けたが,山城少掾をはじめ中心の人たちの引退や死去で経営不振に陥り,63年に松竹が放棄を宣言,これが契機となって両派合同,文楽協会設立となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

因会の関連キーワード竹本 津賀太夫(6代目)竹本 伊達太夫(5代目)桐竹 勘十郎(2代目)吉田 文五郎(4代目)野沢 吉二郎(3代目)桐竹 紋十郎(2代目)鶴沢 清八(2代目)竹本春子大夫(3世)吉田 栄三(2代目)竹本源大夫(9世)鶴沢寛治(7世)吉田玉助(3世)吉田簑助(3世)吉田 玉市吉田 玉男吉田玉男鶴沢清治吉田文雀三和会

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android