コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因会 ちなみかい

世界大百科事典 第2版の解説

ちなみかい【因会】

人形浄瑠璃の文楽が2派に分裂していた時代の一派の名称。1949年,文楽座員の労働組合結成に起因して組合派と非組合派が対立,組合派は〈三和(みつわ)会〉として松竹を離脱した。松竹に残ったのは櫓下豊竹山城少掾(やましろのしようじよう)以下,4世鶴沢清六吉田文五郎らで因会と称した。文楽座を拠点に興行を続けたが,山城少掾をはじめ中心の人たちの引退や死去で経営不振に陥り,63年に松竹が放棄を宣言,これが契機となって両派合同,文楽協会設立となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

因会の関連キーワード竹本 津賀太夫(6代目)竹本 伊達太夫(5代目)桐竹 勘十郎(2代目)吉田 文五郎(4代目)野沢 吉二郎(3代目)桐竹 紋十郎(2代目)吉田 栄三(2代目)竹本春子大夫(3世)鶴沢 清八(2代目)竹本源大夫(9世)吉田簑助(3世)鶴沢寛治(7世)吉田玉助(3世)吉田 玉市吉田 玉男鶴沢清治吉田玉男吉田文雀三和会

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android