コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野沢喜左衛門 のざわきざえもん

世界大百科事典 第2版の解説

のざわきざえもん【野沢喜左衛門】

義太夫節の三味線奏者。(1)初世(1860‐1936∥万延1‐昭和11) 本名河野福松。大坂出身。6世野沢喜八郎の門。(2)2世(1891‐1976∥明治24‐昭和51) 本名加藤善一。神戸市出身。11歳で初世に入門,野沢勝平を名のり,後に2世鶴沢寛治郎の預り弟子となる。1942年2世を襲名,文楽2派分裂で三和会(みつわかい)に参加,3世豊竹つばめ太夫(4世竹本越路太夫)の相三味線となり薫陶,大成させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野沢喜左衛門
のざわきざえもん

義太夫(ぎだゆう)節の三味線。[倉田喜弘]

初世

(1860―1936)3世野沢勝市(かついち)が1909年(明治42)に名のったのに始まる。その翌年文楽座を退き、神戸で稽古(けいこ)屋を開業した。[倉田喜弘]

2世

(1891―1976)本名加藤善一。1900年(明治33)から初世に師事、野沢勝平(かつへい)を名のり、42年(昭和17)2世を襲名した。4世竹本伊達大夫(だてたゆう)(後の7世竹本土佐大夫)や豊竹(とよたけ)つばめ大夫(後の4世竹本越路(こしじ)大夫)を弾いた晩年に、華麗な芸風を開花させた。新義座(しんぎざ)や三和会(みつわかい)への参加に反骨の精神がみられる反面、芸系を探る好著『野沢の面影』(1934)を残している。古曲の復活を図る一方、『瓜子姫(うりこひめ)とあまんじゃく』『ほむら』などの新作も手がけ、62年(昭和37)重要無形文化財保持者に認定、71年には芸術院会員に推された。[倉田喜弘]

3世

(1938―2006)2世の子。本名加藤利雄。父の高弟2世野沢勝太郎に師事。前名勝平から1987年(昭和62)3世を襲名。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

野沢喜左衛門の関連キーワード野沢 喜左衛門(2代目)野沢 喜左衛門(3代目)竹本 越路太夫(4代目)竹本 住太夫(6代目)野沢喜左衛門(2代)[各個指定]芸能部門野沢勝太郎(2世)竹本住大夫(6世)野沢錦糸(4代)鶴沢寛治(6世)野沢錦糸(4世)6月27日豊沢 雛代野沢 勝市蝶の道行1月3日

野沢喜左衛門の関連情報