コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野沢喜左衛門 のざわきざえもん

2件 の用語解説(野沢喜左衛門の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のざわきざえもん【野沢喜左衛門】

義太夫節の三味線奏者。(1)初世(1860‐1936∥万延1‐昭和11) 本名河野福松。大坂出身。6世野沢喜八郎の門。(2)2世(1891‐1976∥明治24‐昭和51) 本名加藤善一。神戸市出身。11歳で初世に入門,野沢勝平を名のり,後に2世鶴沢寛治郎の預り弟子となる。1942年2世を襲名,文楽2派分裂で三和会(みつわかい)に参加,3世豊竹つばめ太夫(4世竹本越路太夫)の相三味線となり薫陶,大成させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野沢喜左衛門
のざわきざえもん

義太夫(ぎだゆう)節の三味線。[倉田喜弘]

初世

(1860―1936)3世野沢勝市(かついち)が1909年(明治42)に名のったのに始まる。その翌年文楽座を退き、神戸で稽古(けいこ)屋を開業した。[倉田喜弘]

2世

(1891―1976)本名加藤善一。1900年(明治33)から初世に師事、野沢勝平(かつへい)を名のり、42年(昭和17)2世を襲名した。4世竹本伊達大夫(だてたゆう)(後の7世竹本土佐大夫)や豊竹(とよたけ)つばめ大夫(後の4世竹本越路(こしじ)大夫)を弾いた晩年に、華麗な芸風を開花させた。新義座(しんぎざ)や三和会(みつわかい)への参加に反骨の精神がみられる反面、芸系を探る好著『野沢の面影』(1934)を残している。古曲の復活を図る一方、『瓜子姫(うりこひめ)とあまんじゃく』『ほむら』などの新作も手がけ、62年(昭和37)重要無形文化財保持者に認定、71年には芸術院会員に推された。[倉田喜弘]

3世

(1938―2006)2世の子。本名加藤利雄。父の高弟2世野沢勝太郎に師事。前名勝平から1987年(昭和62)3世を襲名。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野沢喜左衛門の関連キーワード相三味線義太夫節義太夫三味線義太夫本立三味線豊沢団平太棹脇三味線鶴谷藤八野沢勘蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野沢喜左衛門の関連情報