三圃制度(読み)さんぽせいど(英語表記)three field system 英語

  • Dreifelderwirtschaft ドイツ語
  • assolement triennal フランス語

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーロッパにおいて、近代的輪作農法が導入されるまでの数百年間、開放耕地制度と結び付いて実施された代表的な土地利用制度。村の共同耕地全体をほぼ同じ大きさの三つの耕圃に分け、その一つには春播(ま)きの大麦やエンバクなどの夏穀(ところによっては、エンドウ、インゲンマメ、ガラスマメ、キャベツなどの野菜が加わる)を、他の一つには秋播きの小麦やライムギなどの冬穀をあて、残りの一つは休作して家畜の放牧にあてる。この順序を1年ごとにずらして、3年で一巡させる輪作様式が三圃農法である。冬穀や夏穀の作付地も、収穫後は休閑地とともに家畜の放牧にあてられ、地力の回復が図られた。三圃農法の発展には地域差があり、肥沃(ひよく)で平坦(へいたん)な土地の多いライン、ロアール間の農業の先進地方では、8世紀ごろから実施されていたらしいが、一般に普及するのは11世紀から13世紀にかけてである。地中海地方では中世を通じて、ローマ時代以来の二圃制と無輪犂(すき)が維持され、都市近郊の果樹(オリーブやブドウ)栽培地は囲い込まれていた。

 三圃制は、二圃制に比べ明白な長所がいくつかある。第一に休閑地が2分の1から3分の1に減り、耕地面積の6分の1の利用増が図られること、第二に1年の異なる時期に異なった作物を二度収穫するので、農業労働の配分にも天候不順にも効果的に対処できることがあげられよう。第三として、春播き穀物としてエンバクを栽培することで、馬の飼料を確保し、野菜とくに豆類を栽培することにより、農産物の多様化と食生活の改善に寄与したことも忘れてはならない。

[井上泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android