コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食生活 しょくせいかつfood life

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食生活
しょくせいかつ
food life

食物を摂取して,健康の保持,生命の維持をはかり疲労の回復,慰安を求める生活。単に飢餓を満たすということではなく味覚に快感を与える芸術性,趣味性が要求され,それには食物の美化,すなわち衛生的,視覚的な美しさと,調理による食味の向上,さらに快い環境が必要である。食生活は個人の健康,生命を支配するだけでなく,一家,一国の運命にもつながるもので,国運の盛衰にも関係する。日本人の食生活は第2次世界大戦後から現在までの間に著しく変化し,従来の米と魚を中心とした状況から,肉,卵,牛乳をかなり摂取するようになり,現在では世界各国中でも良好な食生活と評価されている。 (→食事 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょく‐せいかつ〔‐セイクワツ〕【食生活】

生活のうちで、食べる方面に関する事柄。「食生活改善

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

食生活

 食習慣と訳す場合が多い.人間の生活における食にかかわる部分で,食の習慣の総称

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょくせいかつ【食生活】

人間の生活のうち、食事に関する分野。 「 -の改善」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の食生活の言及

【癌】より

…すなわち胃癌の発生が日本の日本人の半分くらいに減少し,他方,大腸癌,肺癌,前立腺癌および乳癌などが著しく増加している。癌の発生原因として,環境因子,とくに食生活の差がいかに大きく関与しているかを示唆する疫学的事実である。 日本の日本人の癌部位別発生頻度も,1960‐80年の20年の間に徐々に変化し,アメリカの白人型に近づいている。…

※「食生活」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

食生活の関連キーワードローカロリーな食生活の日妊産婦のための食生活指針カロリーコントロールの日フードコーディネーター食と野菜ソムリエの日フレンチパラドックス食生活改善普及運動食生活改善協議会サチのお寺ごはん乾癬(かんせん)食生活改善推進員フードシステム食生活関連産業特定保健用食品食生活状況調査小児生活習慣病日清製油[株]日本型食生活特定健康診査ナブラチロワ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

食生活の関連情報