コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三外往生記 さんげおうじょうき

1件 の用語解説(三外往生記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんげおうじょうき【三外往生記】

蓮禅撰。慶滋保胤(よししげのやすたね),大江匡房三善為康の往生伝の遺漏を補い,新たに著者の伝聞を加えて編纂した漢文体の往生者の伝記。成立年代は不明だが,1139年(保延5)正月没の良範伝以後である。1220年(承久2)に本書を書写した慶政が《拾遺往生伝》と重複する5人を削除したものが流布し,51人の僧尼・俗人男女の伝からなる。《拾遺往生伝》《後拾遺往生伝》と重複する伝が8例あるが,これは本書の編纂と時期的に平行していたため,または本書が未定稿のためとも考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の三外往生記の言及

【蓮禅】より

…伝記はわからないことが多いが,姉の宰相典侍の生まれた1092年(寛治6)以降に誕生,従五位下まで昇進した。早くから浄土教に心をひかれたらしく,1139年(保延5)ころに,《日本往生極楽記》以下三往生伝のあとを追って,《三外往生記》を著し,49年(久安5)の藤原家成家の歌合には,資基入道の名で列席している。蓮禅の詩は,平安末期の漢詩集《本朝無題詩》に,59首の七言律詩が収められている。…

※「三外往生記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三外往生記の関連キーワード池亭記日本往生極楽記慶滋保胤勧学会寂心高岳相如千葉康胤内藤義稠慶滋為政吉田蕃教

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone