コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三大運河 さんだいうんが

1件 の用語解説(三大運河の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

三大運河

スエズ運河、パナマ運河キール運河のこと。スエズ運河エジプトにあり、地中海と紅海を結ぶアジア-ヨーロッパ間のルート。全長約167キロメートル。1869年開通。利用船舶数は年間約2万1000隻。パナマ運河は太平洋大西洋(カリブ海)を結ぶ南北アメリカの境のルート。全長約80キロメートル。1914年開通。利用船舶数は年間約1万4000隻。運河の両側で海面の高さに違いがあるため、水門で水位を調節することによって船を行き来させる閘門式となっている。キール運河はドイツ北部にあり、北海とバルト海を結ぶ。デンマーク・ユトランド半島の根元に位置する。正式名称は北海バルト海運河。全長98キロメートル。1895年開通。利用船舶数は年間約約4万2000隻と三大運河の中で最も多い。

(2013-12-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三大運河の関連キーワードガトゥン湖キール運河運河地帯パナマ運河条約新パナマ運河条約カナル閘門式運河水平式運河パナマ運河会社パナマ運河トン数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三大運河の関連情報